2009年06月展覧会記録

 2009年06月の鑑賞記録です。
 6月も低調なままです。
 展覧会が7つ、映画が1本のていたらくでした。
 その数少ない中で「奇想の王国 だまし絵展」は素晴らしい展示でした。会期はまだあるので是非とも再訪しなくてはなりませんね。
 細見美術館に出張展示「日本の美と出会う」や岸田劉生展も充実していました。ほとんど再訪に近い展示でしたが「レオナール・フジタ展」も愉しめました。少々ハードルは高かったですが「フランス絵画の19世紀」も充実していました。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。
 それでは一覧です。

 展覧会
◇「日本の美と出会う」(日本橋高島屋)
◇「没後80年 岸田劉生 肖像画をこえて」(損保ジャパン東郷青児美術館)
△「芳年-「風俗三十二相」と「月百姿」-」(太田記念美術館)
◎「奇想の王国 だまし絵展」(Bunkamura ザ・ミュージアム)
△「古代カルタゴとローマ展」(仙台市博物館)
◇「フランス絵画の19世紀」(横浜美術館)
◇「レオナール・フジタ展」(そごう美術館)

 映画
△「ターミネーター4」(ワーナーマイカル・シネマズ)

 コンサート
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2009-06-29 06:54 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 2009年06月読書記録 2009年05月読書記録 >>