2009年06月読書記録

 2009年06月の読書記録です。
 6月は17冊読むことができました。良いペースでしたね。
 今月のベストワンはひさびさの長編ということで村上春樹「1Q84」ですね。
 更に今月は素晴らしい本をたくさん出会えました。
 辺見庸「私とマリオ・ジャコメッリ」、岡田温司「キリストの身体」、鹿島茂「吉本隆明1968」といずれも、村上さんの著作にまけない傑作揃いでした。
 その他にも花里孝幸「自然はそんなにヤワじゃない」、横山宏章「中国の異民族支配」など学者恐るべしといった充実した著作でした。
 図録は1冊、週間本は今月もゼロでした。
 7月には一掃したいですね。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

 書籍
◎村上春樹「1Q84 BOOK1<4月-6月>」(新潮社)
◎村上春樹「1Q84 BOOK2<7月-9月>」(新潮社)
◎辺見庸「私とマリオ・ジャコメッリ」(日本放送出版協会)
△青木美智男「日本文化の原型(全集 日本の歴史 別巻)」(小学館)
◎岡田温司「キリストの身体」(中公新書)
△丸山健二「新・作庭記」(文藝春秋)
△佐藤洋一郎・渡辺紹裕「塩の文明誌」(NHKブックス)
×八幡和郎「本当は恐ろしい江戸時代」(ソフトバンク新書)
△荒川洋治「詩集 実視連星」(思潮社)
△谷川俊太郎「詩集 トロムソコラージュ」(新潮社)
◇花里孝幸「自然はそんなにヤワじゃない」(新潮選書)
△「続 春画 色模様百態」(平凡社)
◎鹿島茂「吉本隆明1968」(平凡社新書)
△南川三治郎「アトリエの巨匠に会いに行く」(朝日新書)
△福田和也「日本の近代(下)」(新潮新書)
△「心をゆさぶる平和へのメッセージ」(ゴマブックス)
◇横山宏章「中国の異民族支配」(集英社新書)

 週刊本
 なし

 図録
-「図録 日本の美と出会う」(毎日放送)

[PR]
by daisenhougen | 2009-06-30 06:55 | 読書記録(まとめ)
<< 2009年07月展覧会記録 2009年06月展覧会記録 >>