2009年10月鑑賞記録

 2009年10月の鑑賞記録です。
 展覧会は10ほど拝見することができました。相変わらず低調ですが、ひさびさの二桁ではありました。
 そして今月はいつにも増して素晴らしい展示の数々にふれることができました。さすがに芸術の秋にふさわしい充実さでした。
 その中でも、何といってもナンバーワンは「皇室の名宝」展の第一期です。若冲さんや永徳さんの第一級のお宝のそろい踏みですから、ぶっちぎりのナンバーワンですね。
 その他にも三井記念美術館の浮世絵の優品のそろい踏み、チベット仏教のお宝展示、ローマ帝国のお宝、ハプスブルク家ゆかりのお宝と、きらめくばかりの充実した作品にたくさん接することができました。
 映画、コンサートともに今月もまったく行けませんでした。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。

 では、一覧というほどない一覧です。

 展覧会
◇「夢と追憶の江戸 前期」(三井記念美術館)
△「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」(日本橋高島屋)
△「インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン」(国立科学博物館)
◎「皇室の名宝1期」(東京国立博物館)
◇「聖地チベット」(上野の森美術館)
◇「古代ローマ帝国の遺産」(国立西洋美術館)
△「ローマ 未来の原風景 by HASH」+常設展示(国立西洋美術館)
△「光 松本陽子/野口里佳」(国立新美術館)
◇「Theハプスブルク」(国立新美術館)
△「和紙と暮らす―装飾と造形」(サントリー美術館)

 映画
 なし

 コンサート
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2009-10-31 07:41 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 2009年10月読書記録 2009年09月読書記録 >>