「えどはくでおさらい!江戸時代」を見る

d0001004_15504873.jpg 昨日(2009/11/08)「東京都江戸東京博物館」で展覧会「えどはくでおさらい!江戸時代」を見た。
 「学校で学んできたことをより深く理解してもらおうと、この企画展では、江戸時代のはじまりから終わりまでの時期を、教科書に出てきた人や事柄からたどっていきます」とのことです。
 展示は「江戸時代になる前」、「江戸時代のはじまり」、「江戸幕府の安定へ」、「江戸時代の人びと」、「さまざまな学問・成熟する文化」、「江戸時代のおわり」といった区分となってました。
 副題となっている「教科書で見た、あの人、この絵」の通りに、信長、秀吉といった肖像画から「ペルー横浜上陸の図」といったところまで、一度は見たことのある江戸時代の資料がズラリとならんでいました。
 もちろん、この博物館のお得意技で、本物とレプリカが混じり合った展示です。こういった展示では、これは本物かなんて詮索するのが野暮というものなのかもしれませんね。
 でも、まぁ、それなりに貴重な資料が混じっていたりして、結構愉しんで拝見させてもらいました。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-09 06:50 | 鑑賞記-展覧会
<< 「夢と追憶の江戸-高橋誠一郎浮... 「よみがえる浮世絵-うるわしき... >>