「鰭崎英朋展」を見る

d0001004_14253865.jpg先日(03月14日)「弥生美術館」で展覧会「鰭崎英朋展」を見た。
 初めて訪れる美術館です。
 なんせ上野にほど近いところにあるんですから、いつでも訪れることができたはずですが、何故か今回が初めてです。
 上野からぶらりと歩いて訪ねてみました。
 東大の敷地に面した、住宅の中にひっそりと建ってました。建物はだいぶ古めかしくなっていましたね。
 さて、展示されている鰭崎英朋さんは、わたしにとっては初めて知る存在です。
 生誕130年記念ということで、再びクローズアップされつつあるようです。
 なかなか挿絵というジャンルは評価しにくい感は否めませんが、雪岱さんに続いて、二匹目のドジョウとなるんでしょうか。

[PR]
by daisenhougen | 2010-03-23 06:24 | 鑑賞記-展覧会
<< 「特別展示 命の認識」を見る 「VOCA 展2010-新しい... >>