「歌川国芳 奇と笑いの木版画」を見る

d0001004_14393314.jpg先日(03月20日)「府中市美術館」で展覧会「歌川国芳 奇と笑いの木版画」を見た。
 この美術館は、毎年、桜の季節に合わせて日本の素晴らしい作品の数々を展示する企画を開催していますが、今年はなんと国芳さんに焦点をあわせてきました。
 これでまさしく今年は国芳イヤーになりましたね。
 初期から晩年までの画風の変遷から、代表作のそろい踏みといった至れり尽くせりの展示でした。
 これらが個人コレクションだとは信じられないほどの充実度でした。
 全面展示替えの後期展示も見逃せませんね。

[PR]
by daisenhougen | 2010-03-30 06:38 | 鑑賞記-展覧会
<< 2010年03月鑑賞記録 「荒木経惟・舟越桂 至上ノ愛像... >>