2010年03月鑑賞記録

 2010年03月の鑑賞記録です。
 03月は20ほどの展示を見ることができました。
 数的にも満足ですが、内容的にも素晴らしい展示に出会えました。
 その中でも長谷川等伯展と歌川国芳展は甲乙つけがたいぐらい充実した展示でした。これだけ充実した展示はもはや再見は不可能かもしれませんね。
 国芳さんは4月20日から全面展示替えですので、ことらも見逃さないようにしなくてはなりませんね。
 洋物では「レンピッカ展」ですね。時代とギリギリの線で渡り合った成果を堪能させてもらいました。
 そして何といってもピカイチは東大博物館でひっそりと開催されていた「命の認識」展です。わたしにとっては心から衝撃を受けた展示でした。
 これら以外も充実した展示が目白押しでした。
 日本物では板橋美の浮世絵の死角、東海道五十三対の全点展示、近美の小野竹喬展などが心に残りました。
 洋物では西美のブラングィン展と水彩・素描展のそろい踏み、庭園美のマッキアイオーリ展などが素晴らしかったですね。
 番外編としては大哺乳類展でしょうか。
 映画は1本だけでした。アカデミー賞受賞作を野次馬的に見ておいたといったとこですね。 コンサートは今年始めて訪れることができました。ルイゾッティによるあまりに美しいモーツァルトの音楽を堪能させてもらいました。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。
 では、一覧です。
 展覧会 
◎「没後400年 特別展 長谷川等伯」(東京国立博物館)
△「特集陳列「農村(田園)へのまなざし」ほか常設展示」(東京国立博物館)
◇「フランク・ブラングィン展」(国立西洋美術館)
◇「所蔵水彩・素描展-松方コレクションとその後」(国立西洋美術館)
◇「生誕120年 小野竹喬展」(東京国立近代美術館)
△「水浴考」(東京国立近代美術館)
△「木田安彦の世界」(汐留ミュージアム)
△「現代絵画の展望 12人の地平線~この頃~」(鉄道歴史展示室)
◇「浮世絵の死角 イタリア・ボローニャ秘蔵浮世絵名品展」(板橋区立美術館)
◇「イタリアの印象派 マッキアイオーリ展」(東京都庭園美術館)
◎「美しき挑発 レンピッカ展」(Bunkamuraザ・ミュージアム)
-「ボルゲーゼ美術館展」(再訪)(東京都美術館)
-「没後400年 特別展 長谷川等伯」(展示替え再訪)(東京国立博物館)
△「VOCA 展2010」(上野の森美術館)
△「鰭崎英朋(ひれざきえいほう)展」(弥生美術館)
◎「特別展示 命の認識」(東京大学総合研究博物館)
◇「東海道五十三対」(UKIYO-e TOKYO)
◇「大哺乳類展 陸のなかまたち」(国立科学館)
△「向井潤吉 展~わかちがたい風景とともに~」(日本橋高島屋)
△「荒木経惟・舟越桂 至上ノ愛像」(高橋コレクション日比谷)
◎「歌川国芳 奇と笑いの木版画」(前期(府中市美術館)

 映画
△映画「ハート・ロッカー」(TOHOシネマズ)

 コンサート
◇ホールオペラ「コジ・ファン・トゥッテ/指揮:ルイゾッティ」(サントリーホール)

[PR]
by daisenhougen | 2010-03-31 06:40 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 2010年03月読書記録 「歌川国芳 奇と笑いの木版画」を見る >>