「山本容子のワンダーランド」を見る

d0001004_13302197.jpg 昨日(04月22日)「埼玉県立近代美術館」で展覧会「山本容子のワンダーランド」を見た。
 山本容子さんの作品は2002年に名古屋の松坂屋美術館で開催されていた展覧会でまとめて拝見して以来です。なんせ2002年ですからだいぶご無沙汰ですね。
 今回の展示は初期から最新作まで網羅した200点もの展示作ですから、かなり力の入った展示でした。
 明るく淡い色使いと繊細な線の魅力いっぱいでした。
 見ていると、何となくあったかで軽やかな気分になれる展示でした。
 そして山本容子さんといえば銅版画ですが、今回は油彩画やなんとステンドグラスまで披露してくれています。
 意欲的に幅を拡げるべく努力なさっているようです。
 ただ、ステンドグラスはそれなりに面白かったですが、油彩画はあんまり山本さんにはあわないのかなぁ、なんて勝手に思ってきました。
 やっぱり山本さんには繊細な銅版画があってる気がしました。

[PR]
by daisenhougen | 2010-04-23 06:29 | 鑑賞記-展覧会
<< 「森村泰昌:なにものかへのレク... 夜ノ森の桜を見る >>