「ジャンルー・シーフ写真展」を見る

d0001004_7154475.jpg 一昨日(04月22日)「東京都写真美術館」で展覧会「ジャンルー・シーフ写真展」を見た。 ジャンルー・シーフJeanloup Sieff(1933〜2000)さんといっても、名前ぐらいはおぼろげにといった程度の知識しかありませんでした。
 今回、森村泰昌さんの展示と同時開催と言うことで、のぞいてみました。
 未発表作品が中心の展示ということですが、同時に代表作も一緒にということのようです。
 年代順に並んでいました。
 初期のルポルタージュから始まり、象徴画を思わせるような風景写真、そしておそらく最も中心的テーマであった肖像やファッション、そしてヌードまで多岐にわたる表現が展示されていました。
 モノクロームに徹したようですが、研ぎ澄まされた構図と美しいプリントに目を奪われてしまいました。
 まさに完璧といえる出来あがりです。
 写真が表現の最前線にいた時代を象徴するような作品達でした。 

[PR]
by daisenhougen | 2010-04-24 07:16 | 鑑賞記-展覧会
<< 「美しき挑発 レンピッカ展」を... 「森村泰昌:なにものかへのレク... >>