「ピカソと20世紀美術の巨匠たち」を見る

d0001004_9543413.jpg 昨日(04月26日)「そごう美術館」で展覧会「ピカソと20世紀美術の巨匠たち」を見た。
 ドイツのケルンにある「ルートヴィヒ美術館」の所蔵品の引越展示です。大半のコレクションこの美術館の名前の由来となった実業家のルートヴィヒ夫妻が収集したものとのことで、20世紀以降の美術を所蔵しているようです。
 展示は「第Ⅰ章ピカソとヨーロッパ現代」、「第Ⅱ章戦後の傾向」と二つに分かれています。 
 第Ⅰ章はピカソの作品中心にそれを取り囲むように多くの20世紀美術の有名どころが並んでいます。
 20世紀美術はピカソを中心に展開したという感じの構成ですね。
 まずピカソですが、こちらは別格扱いで8点ほど展示してあります。1901年の「モンマルトルのカフェ」といった初期作から1972年の「剣を持つ銃士」までピカソの画風の変遷がわかる展示となってます。
 それ以外は1点か2点の展示です。20世紀美術の大物が網羅されています。
 画家名だけ写しておきます。
 ジョルジュ・ブラック、アンドレ・ドラン、モーリス・ド・ヴラマンク、アルチュール・セガル、フェルナン・レジェ、アンリ・マティス、アレクセイ・フォン・ヤウレンスキー、エミール・ノルデ、マックス・ベックマン、マックス・ベックマン、アメデオ・モディリアーニ、モーリス・ユトリロ、シュザンヌ・ヴァラドン、マルク・シャガール、ヴァシリー・カンディンスキー、パウル・クレー、エドガー・エンデ、ジョルジオ・デ・キリコ、マックス・エルンスト、ポール・デルヴォー。

 第Ⅱ章は第二次世界大戦後から現在に直接結びつく作品が並んでます。
 その傾向を「抽象主義の傾向」、「具象絵画の状況」、「ポップ・アート」と3つに大きく区分して展示しています。
 こちらは歴史的評価の途上にある作品たちですね。現代美術に疎いわたしには知っている画家と知らない画家が入り交じった展示でした。
 こちらも画家名だけ写しておきます。
 (抽象主義の傾向) カール・オットー・ゲッツ、ベルナルト・シュルツェ、ハンス・アルトゥング、エルンスト・ヴィルヘルム・ナイ、ジョゼフ・アルバース、フランク・ステラ、フランツ・ジョゼフ・クライン、ヘレン・フランケンサーラー。
 (具象絵画の状況)ピーター・トーマス・ブレイク、ジャン・デュビュッフェ、ロナルド・ブルックス・キタイ、A.R.ペンク、ゲオルク・バゼリッツ、ホルスト・アンテス、ロベルト・マッタ、マリア・ラスニヒ。
 (ポップ・アート)アンディ・ウォーホル、リチャード・リンドナー、ウィリアム・ネルソン・コプリー、ロバート・インディアナ、ジャスパー・ジョーンズ。

 20世紀美術の特色はまさに規範喪失あるいは規範崩壊過程であることが良くわかる展示です。
 そういった意味で展示のコンセプト自体は非常に興味深かったのですが、作品数が60点の展示ではチョット壮大すぎるテーマ設定だった気がしますね。
 でも、わたし的にはパウル・クレーの作品が2点見れたことと、ドイツ表現主義の作品の幾つかに触れることができただけでも満足できました。

[PR]
by daisenhougen | 2010-04-27 06:54 | 鑑賞記-展覧会
<< 「細川家の至宝―珠玉の永青文庫... 「美しき挑発 レンピッカ展」を... >>