2010年07月読書記録

 2010年07月の読書記録です。
 07月23冊ほど読むことが出来ました。05月から06月の低迷を脱することが出来ました。
 そんな中心に残ったいくつかについて少々。
 藤原新也さんの新作はなんと写真と文章といった従来のスタイルに「書」を合わせてきました。藤原さんの多芸さというとこでしょうが、「書」はまだまだといった感じですね。もちろん写真と文章は一級品でした。
 講談社学術文庫版の「日本の歴史」もめでたく完結でしたが、このシリーズも質のバラツキがかなり大きかったです。その中で有馬学さんの「帝国の昭和」はトップクラスの出来映えだと思いました。
 ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」はさすが朝日新聞一押しだけあって内容充実でした。
 新潮とんぼの本の「画家たちの「戦争」」は戦争記録画の再評価の一翼になってくれればと思います。
 「芸術新潮2010年7月号 特集:生まれかわるオルセー美術館へ」は19世紀からの西洋美術史をコンパクトに明快に説明してくれています。目から鱗の記述がいっぱいでした。わたしの一押しでした。
 広瀬隆さんの「二酸化炭素温暖化説の崩壊」はエコ、エコのマスコミと役所の大合唱の欺瞞を鋭く打ち砕いています。ここに書いてあることにマスコミはキチンと反論すべきですね(もちろん賛成でもイイです)。
 週刊本は5冊、図録は5冊でした。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

△伊藤之雄「政党政治と天皇(日本の歴史22)」(講談社学術文庫)
◇藤原新也「死ぬな生きろ」(スイッチ・パブリッシング)
△狩野博幸「若沖-広がり続ける宇宙」(角川文庫)
△一青窈・俵万智「短歌の作り方、教えてください」(角川学芸出版)
△「週刊アスキー増刊2010年8/3号 特集:iPadのすべて」
△若原正巳「黒人はなぜ足が速いのか」(新潮選書)
◇有馬学「帝国の昭和(日本の歴史23)」(講談社学術文庫)
△「100+1 ERIKAS(沢尻エリカ写真集)」(朝日出版社)
△河野康子「戦後と高度成長の終焉(日本の歴史24)」(講談社学術文庫)
△井田徹治「生物多様性とは何か」(岩波新書)
△「PEN(ペン)2010年 7/15号 特集:書のチカラ」(阪急コミュニケーションズ)
◇ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄(上)」(草思社)
◇ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄(下)」(草思社)
△C.ブラック他「日本はどこへ行くのか(日本の歴史25)」(講談社学術文庫)
◇神坂次郎ほか「画家たちの「戦争」」(新潮社)
△「iPadを100倍楽しむ本」(アスペクト)
△「月刊 新垣結衣Special」(新潮社)
◇「芸術新潮2010年7月号 特集:生まれかわるオルセー美術館へ」(新潮社)
△「PEN(ペン)2010年 8/01号 特集:ヌードは美しい。」(阪急コミュニ)
△帯刀益夫「われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか」(ハヤカワ新書juice)
◇広瀬隆「二酸化炭素温暖化説の崩壊」(集英社新書)
△福岡伸一「エッジエフェクト(界面作用)」(朝日新聞)読了、
△「考える人2010年夏号 特集:村上春樹ロングインタビュー」(新潮社)

週間本
-「週刊 国宝の美44[書跡3]古文書・国書・漢籍」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美45[工芸4]神宝・甲冑」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美46[建築12]大寺院の興隆」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美47[建築13]江戸時代の建築」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美48[工芸5]漆工」(朝日新聞)

図録
-「図録 ウィリアム・ケントリッジ 展」(京都国立近代美術館)
-「図録 マネとモダン・パリ」(三菱一号館美術館ほか)
-「図録 細川家の至宝―珠玉の永青文庫コレクション」(NHKほか)
-「図録 ジャンルー・シーフ写真展」(G.I.P)
-「図録 等伯をめぐる画家たち」(七尾美術館)

[PR]
by daisenhougen | 2010-08-06 07:11 | 読書記録(まとめ)
<< 2010年08月及び09月鑑賞記録 2010年07月鑑賞記録 >>