2010年08月及び09月鑑賞記録

 2010年08月及び09月の鑑賞記録です。
 ブログのアップをだいぶサボってしまいました。2ヶ月近くも更新しないなんて、このブログを開設以来初めてです。
 これじゃぁ、備忘録の役目すら果たせませんね。
 まぁともかくも2ヶ月分の鑑賞記録だけでもアップしておきます。


 08月は14の展示しか拝見できませんでした。夏の暑さでペースダウンといったとこでしょうか。
 その中では「BASARA展」、「オノデラユキ展」、「日本美術のヴィーナス」、「ロボットと美術」といった展示が特に心に残りました。
 でも08月のハイライトはなんといっても青森県の美術館のいくつかを制覇できたことです。
 青森県の美術シーンも充実していました。
 中でも「十和田市立美術館」と「青森県立美術館」の常設展示の充実度は素晴らしかったです。奈良さんのアオモリ犬にも出会えましたし、大満足でした。

 今月も映画とコンサートはご無沙汰でした。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で勝手な評点です。
 では、一覧です。

展覧会
△「ポーラ美術館コレクション展」(横浜美術館)
△「横浜美術館コレクション展2010年度第2期」(横浜美術館)
◇「BASARA展」(スパイラルガーデン)
△「私とヌード-ポートレイトは裸である-」(東京都写真美術館)
◇「オノデラユキ展」(東京都写真美術館)
△「江戸絵画への視線」(山種美術館)
◇「日本美術のヴィーナス―浮世絵と近代美人画―」(出光美術館)
◇「恒久設置作品」(十和田市立美術館)
△「草間彌生 十和田でうたう」(十和田市立美術館)
△「上村家三代 松園・松篁・淳之展」(七戸町立鷹山宇一記念美術館)
△「夏の展示 福光疎開時代」(棟方志功記念館)
△「常設展示」(さんまるミュージアム)
◇「ロボットと美術~身体×機械のビジュアルイメージ」(青森県立美術館)
◇「夏のコレクション展」(青森県立美術館)

映画
 なし

コンサート
 なし

その他
 なし


 09月も15の展示を見るだけで終わってしまいました。
 でも、素晴らしい展示に出会えた月でした。
 「田中一村 新たなる全貌」、「上村松園展」ともにそれぞれに画業を総括する決定版ともいうべき展示でした。この2つだけでも充分な月でした。
 その他も素晴らしい展示が目白押しでした。
 「新たな国民のたから 文化庁購入文化財展」、「東大寺本坊襖絵完成記念 小泉淳作展」、「諸国畸人伝」と、いずれも素晴らしかったです。

 今月も映画とコンサートはご無沙汰でした。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で勝手な評点です。
 では、一覧です。

展覧会
△「常設秋の展示 日本美術入門+慶長遺欧使節資料ほか」(仙台市博物館)
◇「新たな国民のたから 文化庁購入文化財展」(仙台市博物館)
△「国立国際美術館(大阪・中之島)の名作」(宮城県美術館)
◎「田中一村 新たなる全貌」(千葉市美術館)
△「所蔵作品展 わが心の千葉」(千葉市美術館)
◎「上村松園展」(東京国立近代美術館)
△「手探りのドローイング+常設展示」(東京国立近代美術館)
◇「東大寺本坊襖絵完成記念 小泉淳作展」(日本橋高島屋)
◇「諸国畸人伝」(板橋区立美術館)
△「アントワープ王立美術館コレクション展」(東京オペラシティ)
△「収蔵品展 幻想の回廊」+「project N川見俊」(東京オペラシティ)
-「ナポリ・宮廷と美―カポディモンテ美術館展(再訪)」(国立西洋美術館)
△「19世紀フランス版画の闇と光+常設展示」(国立西洋美術館)
△「浜口陽三・植田正治2人展-夢の向こうがわ」(ミュゼ浜口陽三ヤマサ)
△「三菱が夢見た美術館」(三菱一号館美術館)

映画
 なし

コンサート
 なし

その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2010-10-01 06:47 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 2010年08月及び09月読書記録 2010年07月読書記録 >>