「明治神宮鎮座90年記念展 横山大観」(前期)を見る

d0001004_1464381.jpg 先日(10月03日)「明治神宮宝物展示室」で展覧会「明治神宮鎮座90年記念展 横山大観」(前期)を見た。 
 こちらの展示室は、ときおり素晴らしい展示をしてくれます。しかもひっそりと。
 昨年も「菱田春草」展が開催されましたね。
 この時は開催されているのをキャッチするのが遅れて、前期の展示を見逃した苦い経験があります。
 今回の展示も、いまだホームページも更新されておらず、なかなか開催情報を入手するのは難しいですね。

 さて今回の展示は明治神宮鎮座90年記念として、いろんなイベントが開催される中の一つと言うことで、横山大観が明治神宮鎮座10年を記念し「明治神宮図」を自ら描き奉納したことから、今回その「明治神宮図」の展示の為の企画といったことのようです。

d0001004_147177.jpg 展示スペースは限られているために、全57点の展示中、前期は31点展示されていました。
 最初におかきの「播磨屋」提供の六曲一双の「漁舟」が出迎えです。
 その他にも「播磨屋」提供の2点ほど展示されていました。
 そして一番奥のスペースには「明治神宮図」が鎮座していました。

 今回の展示は明治末期から大正期を中心に昭和初期までの作品が展示されていました。
 どちらかと言えば小品の展示が多い気もしました。
 まあ、日本画を代表するいかにも大観といった作品ではないだけに、気軽に愉しめた気もします。

[PR]
by daisenhougen | 2010-10-08 06:59 | 鑑賞記-展覧会
<< 2010年10月鑑賞記録 「フランダースの光 ベルギーの... >>