2010年12月読書記録

 2010年12月の読書記録です。
 12月に目を通すことができたのは20冊です。この中ではやっぱり村上龍さんの「歌うクジラ」ですね。 村上さん渾身の一作です。
 新田一郎さんの「太平記の時代」はこのシリーズの中でも充実の一冊でした。
 坪内稔典さんの「正岡子規 言葉と生きる」も著者の思いが伝わってきました。来年は子規を読み返してみようという気にさせられました。
 図録は21冊に目を通すことができ、なんとか今年買った図録は無事完了しました。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

書籍
△山本幸司「頼朝の天下創世(日本の歴史09)」(講談社学術文庫)
△川村昌嗣「医師がすすめる50歳からの肉体改造」(幻冬舎ルネッサンス新書)
◎村上龍「歌うクジラ 上」(講談社)
-村上龍「歌うクジラ 下」(講談社)
△村上春樹「ねむり」(新潮社)
△「BRUTUS(ブルータス)12/15 写真はもっと楽しくなる。」(マガジンハウス)
△「芸術新潮 2010年12月号 特集:恋する春画」(新潮社)
△吉本康永「大金持ちも驚いた105円という大金」(三五館)
△「ラブプラス ビジュアル&設定集 マナカのもと」(コナミ)
△「高嶺愛花(電撃ラブプラスVol1)」(アスキーメディアワーク)
△「とわのウォッチャー ラブプラス+ 最旬特別号」(コナミ)
△白澤卓二「100歳までボケない101の方法」(文春新書
△篠山紀信「窓からスカイツリーが見える AKB48写真集」(小学館)
△志村幸雄「笑う科学 イグ・ノーベル賞」(PHPサイエンス・ワールド新書)
△池上英洋「もっと知りたいラファエロ―生涯と作品」(東京美術)
△藤木TDC「場末の酒場、ひとり飲み」(ちくま新書)
△筧雅博「蒙古襲来と徳政令(日本の歴史10)」(講談社学術文庫)
◇新田一郎「太平記の時代(日本の歴史11)」(講談社学術文庫)
△「PEN(ペン)2011年1/1・15号 特集:キリスト教とは何かⅡ」(阪急コミュニ)
◇坪内稔典「正岡子規 言葉と生きる」(岩波新書)

図録
-「図録 バルビゾンからの贈りもの」(府中市美術館)
-「図録 歌麿・写楽の仕掛け人―その名は蔦屋重三郎―」(サントリー美術館)
-「図録 薬師如来と十二神将」(鎌倉国宝館)
-「図録 保田春彦展」(神奈川県立近代美術館)
-「図録 古賀春江の全貌」(東京新聞)
-「図録 ワイエス展」(丸沼芸術の森)
-「図録 ヴァザーリの回廊展」(朝日新聞社)
-「図録 手塚雄二 一瞬と永遠のはざまで」(朝日新聞社)
-「図録 浮世絵☆忠臣蔵 描かれたヒーローたち!?」(神奈川県立歴史博物館)
-「図録 ドガ展」(横浜美術館ほか)
-「図録 麻生三郎展」(東京国立近代美術館)
-「図録 カンディンスキーと青騎士展」(東京新聞)
-「図録 生誕260年 仙厓―禅とユーモア―」(出光美術館)
-「図録 DOMANI・明日展2010」(文化庁)
-「図録 写真とボク 植田正治写真集」(クレヴィス)
-「図録 これは本ではない―ブック・アートの広がり 」(美術館連絡協議会)
-「図録 アルブレヒト・デューラー版画・素描展」(国立西洋美術館)
-「図録 大正イマジュリーの世界」(ピエ・ブックス)
-「図録 鈴木清展」(東京国立近代美術館)
-「図録 セーヌの流れに沿って」(石橋財団ブリヂストン美術館ほか)
-「図録 帰ってきた江戸絵画 ギッター・コレクション展」((NHKプロモーション)

[PR]
by daisenhougen | 2010-12-29 20:31 | 読書記録(まとめ)
<< ブログ再開します 2010年12月観賞記録 >>