「雲仙温泉」で「精霊流し」を見る

d0001004_11301995.jpg 先日(8月15日)「雲仙温泉」で「精霊流し」を見た。
 盂蘭盆の宵に長崎市内や島原地方の各地で行われているようだ。日中も長崎市内で精霊船を担いでいるのをいくつか見たが、雲仙温泉でも行われているようだ(旅館の人によると地域でいろいろ差があるようで、雲仙のは迫力があるとこのと)。
 旅館の前にたくさんの灯籠光に飾られた精霊船が廻ってきて、火矢が走り爆竹が派手に鳴らされ、旅館の用意した酒が振る舞われました。
 その後精霊船は威勢良く担がれて、街中に繰り出し、練り歩いて時には旋回したりして結構迫力がありました。爆竹の迫力ってけっこうすごいんですね。胸躍らせるものがありますね。この後の流す場面は見れませんでしたが、大満足です。
 こんなお祭りが行われているの知らずに泊まったので、非常にラッキーな一夜でした。

[PR]
by daisenhougen | 2005-08-17 11:30 | 街歩き・お出かけ
<< 「イルカウォチング」を体験する 「平戸」を歩く >>