「イルカウォチング」を体験する

d0001004_1134264.jpg 先日(8月16日)「通詞島沖」で「イルカウォチング」を体験した。
 島原半島の口之津港から漁船で出航。本当の漁船で座るのも発泡スチロールだし、全く説明なし。10名の客を乗せて、天草郡五和町の通詞島沖へ。
 通詞島沖は有明海と天草棚がまじわるところで潮の流れが速く魚がたくさん集まる為、魚を食べるイルカにとっても最適の生息環境とのこと。現在、この辺一帯の海には200頭から300頭の野生のイルカが生息しているそうです。
 さて到着してみると、十艘ぐらいの漁船がいて、その周辺にイルカが群れをなして泳いでいました。これでもかこれでもかといろんな方向から繰り返しイルカが出現してきました。これだけのイルカの大群に遭遇できるとは思っても見ませんでした。雲一つない空のもとイルカの泳いでいる姿を見ていると、本当に感動してしまいました。
 その後熊本県側の鬼池港に到着。約1時間の体験でした。天候に恵まれ、運も良かったんでしょうがこれはお薦めですね。

[PR]
by daisenhougen | 2005-08-17 11:33 | 街歩き・お出かけ
<< 八月納涼歌舞伎第三部「法界坊」を見る 「雲仙温泉」で「精霊流し」を見る >>