「都市の模型展」を見る

d0001004_1421494.jpg 昨日(9月3日)「六本木ヒルズ」の「森未来研究所」で「都市の模型展-東京を視る-」を見た。
 今日の「六本木ヒルズ」巡りの最後の展示です。タダで入場できるので、ついでに入ってみました。そして予想外のめっけものの展示でしたね。
 まずは東京の模型で2005年の姿を縮尺:1/1000で表現してありました。本当にリアルでしたね。一戸建ての家までキチンと模型になっていました。真上から俯瞰して見ると印象がずいぶん変わりますね。さっき展望タワーで見たのとも違って見えますね。視野が広まった感じです。
 いろいろ広範囲に作ってありますが、小生の住んでる地域がなかったのは残念でした。23区全部完成して欲しいですね。
 その他にロウアーマンハッタンから89丁目までのニューヨーク模型(縮尺:1/1000、2004年時点を再現)。上海を2004年までに完成したプロジェクトをフルカラーで、2010年までに完成予定のプロジェクトを透明な模型で表現した模型の2つも同時展示してありました。
 今日は「六本木ヒルズ」の4つの展覧会を全部見て回りましたが、非常に充実していましたね。時間としては古代から近代そして現代とハイパー現代まで。地域としては中国からシルクロード、ヨーロッパそしてアメリカと日本まで世界一周。一気に巡ることができました。

[PR]
by daisenhougen | 2005-09-04 23:20 | 鑑賞記-展覧会
<< 「日本フィル第302回名曲コン... 「フォロー・ミー!:新しい世紀... >>