2012年12月読書記録

 2012年12月読書記録です。
 12月に目を通すことができたのは、書籍や特集雑誌が18冊、図録が7冊でした。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

△津田大介「ウェブで政治を動かす!」(朝日新書)
◎長岡龍作「法隆寺と奈良の寺院(日本美術全集02)」(小学館)
△関川夏央「やむを得ず早起き」(小学館)(小学館)
△川端康夫・加藤明子「もっと知りたいバーン=ジョーンズ生涯と作品」(東京美術)
△保阪隆「定年後に夫婦を愉しむ」(朝日新聞出版)
△豊田有恒「本当は怖い韓国の歴史」(祥伝社新書)
△「日経おとなのOFF(オフ)2013年01月号特集:2013年絶対見逃せない美術展」(日経BP社)
△豊田有恒「韓国が漢字を復活できない理由」(祥伝社新書)
◎山口晃「山口晃 大画面作品集」(青幻舎)
△「シャルダン(アート・ライブラリー)」(西村書店)
△保阪隆「50歳からの人生を楽しむ老後術」(だいわ文庫)
◇関川夏央「東と西 横光利一の旅愁」(講談社)
△村上隆「創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」」(角川新書)
△「PEN(ペン)2013年1/1・15号特集:ヨーロッパ美の起源、ギリシャ・ローマ」(阪急コミュニケーションズ)
△「DAYS JAPAN2013年1月号特集:原発とメディアその自己検証を問う」(デイズ ジャパン)
△「Nexus7完全活用術」(アスキー)
△「Nexus7超活用ガイド」(英和出版社)(英和出版社)
△「現代詩年鑑2013」(思潮社)(思潮社)

―「図録 バーン=ジョーンズ展」(東京新聞)
―「図録 琳派芸術」(出光美術館)
―「図録 琳派芸術II」(出光美術館)
―「図録 もうひとつの川村清雄展」(目黒区美術館)
―「図録 ツタンカーメン展」(フジテレビジョン)
―「図録 シャルダン―知られざる静寂の画家展」(三菱一号館美術館)
―「図録 リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」(朝日新聞社)



 さて、今年読んだ本は書籍や特集雑誌、図録を含めて349冊でした。その中から私にとってのベストテンを選んでおきます。

1.辺見庸「明日なき今日 眩く視界のなかで」(毎日新聞社)
2.高橋源一郎「非常時のことば 震災の後で」(朝日新聞出版)
3.石牟礼道子・藤原新也「なみだふるはな」(河出書房新社)
4.大道寺将司「棺一基 大道寺将司全句集」(太田出版)
5.伊藤比呂美「たどたどしく声に出して読む歎異抄」(ぷねうま舎)
6.小熊英二「社会を変えるには」(講談社現代新書)
7.黒川創「いつか、この世界で起こっていたこと」(新潮社)
8.山口晃「ヘンナ日本美術史」(祥伝社)
9.森本恭正「西洋音楽論-クラシックに狂気を聴け」(光文社新書)
10.村田奈々子「物語 近現代ギリシャの歴史」(中公新書)

番外編
1.「DAYS JAPAN2012年 02月号 特集:原発事故報道・検証」(デイズジャパン)
2.村上隆「Murakami: Ego」(Skira Rizzoli)
3.長岡龍作「法隆寺と奈良の寺院(日本美術全集02)」(小学館)


それでは、良いお年を。

[PR]
by daisenhougen | 2012-12-31 23:27 | 読書記録(まとめ)
<< あけましておめでとうございます 2012年12月鑑賞記録 >>