「ギュスターヴ・モロー展」を見る

d0001004_13573289.jpg 昨日(9月10日)「Bunkamuraザ・ミュージアム」で「フランス国立ギュスターヴ・モロー美術館所蔵ギュスターヴ・モロー展」を見た
ギュスターヴ・モロー(1826-1898年)の油彩画48点と水彩・素描も含めて初期から晩年まで展示してありました
 展示は<プロローグ><神々の世界><英雄たちの世界><詩人たちの世界> <魅惑の女たち、キマイラたち><サロメ><聖書の世界><エピローグ>のテーマ別です。
 モローは世紀末を代表する画家として有名ですが、国立西洋美術館の常設展示してあるのを除いてあまり接する機会がありませんでした。このようにまとまった形で見るのは初めてです。このぐらいの作品を集めてもらうと、全貌がわかる気がしますね。
 最も興味を持って見たのは「サロメ」のコーナーでした。有名な「出現」も初めて見ることが出来て感激です。
 作品の出来映えといった面からは、やっぱり「一角獣」ですね。彼の特質が最も良く出ていてますね。
 ところで、モロー本人が自分は歴史画家と言っているそうですが、本当に作品の大半を歴史に画題を求めているんですね。新発見です。
 でも作品を見て回った印象は、歴史画を見ている気がしませんでした。まったく正反対の印象ですね。どの絵も繊細な筆使い、曖昧な色使い、完成とはほど遠い出来映え感に満ちていますね。歴史画といったジャンルの拡張と考えれば良いんでしょうか。

[PR]
by daisenhougen | 2005-09-11 14:00 | 鑑賞記-展覧会
<< 「早川良雄の世界」を見る 「百花繚乱-咲き競う花々-」を見る >>