岩出山・鳴子を歩く

d0001004_12411831.jpg

d0001004_12413368.jpg
 一昨日(9月17日)鳴子温泉に泊まる。その前にその周辺の岩出山と鳴子を訪ねた。
 まずは宮城県岩出山町の「有備館」を訪ねる。岩出山は伊達政宗が仙台に移る前12年間、治府を置いて住んでいた地だそうです。そしてこの旧有備館は現存する学問所としては最古の建物とのことです。町をあげて整備して、町おこしに取り組むシンボル的な施設のようですが、あんまりピンきませんでした。こういった施設でフリーの客を満足させるのは難しいでしょうね。一応池の向こう側から撮った写真をアップします。
 有備館から庭を眺めてぼんやりしているとトンボが飛んできました。時折吹く風とともに秋の到来を感じさせられるひとときでした。
 次は鳴子温泉郷の「鳴子峡」を訪ねる。ここは鳴子温泉一番の観光スポットだそうです。紅葉シーズンは車渋滞のポイントとのことです。でも紅葉にはまだ早い今は閑散たるものでした。10月末ぐらいが見頃みたいですね。少々悔しいので紅葉を想像しながら写真取りましたので写真をアップします。でもやっぱり紅葉シーズンに来たいですね。
 最後に「日本こけし館」を訪ねる。こけし作りの実演もやってました。鳴子系のこけしは頭と胴体を別々に作って、はめ込む形態なので回すと音がするなんて知識も得ることができました。でも訪れたのが夕方のだったので、観光客もまばらでした。やっぱりこういった施設は観光客がいないと寂しいですね。
 そして今回の目的である鳴子温泉に泊まる。「鳴子ホテル」という施設でした。お湯が本当にすばらしい温泉でした。これだけでも満足。

[PR]
by daisenhougen | 2005-09-19 12:39 | 街歩き・お出かけ
<< 松山町のコスモス園を見る 四方田犬彦「ラブレーの子供たち... >>