二見浦の夫婦岩を訪ね、答志島に泊まる

d0001004_747322.jpg 一昨日(9月23日)三重県二見浦の夫婦岩を訪ねた。
 今月は2週続けての3連休なので、2週続けての遠出。大散財でした。
 夫婦岩は「高さ8.7m、周囲39.6mの男岩と高さ3.6m、周囲9mの女岩からなり、二つの岩を結ぶ5本の大注連縄は長さ35m、重さ40kg、総重200kgに及ぶ。 日の大神と猿田彦大神縁りの興玉神石を遙拝する鳥居の役目をして」いるとのことです。
 ふたつの岩間から日の出が見られるポイントとしてして有名ですが、訪れたのが夕方なので見ることができるわけはありませんね。
 でも、岩が2ヶ並んでいるだけで全国レベルの観光スポットで有り続けているなんて凄いですね。いったい何故なんでしょうね。理由はわかりませんが、日の出ではない夫婦岩の写真撮りましたのでアップしておきます。
 その後、鳥羽から船で答志島に渡りました。こちらは鄙びた漁村といったおもむきでしたね。所々で年老いたおばさん達が夕方のおしゃべりを楽しんでいました。のどかですね。宿は民宿を少し立派にした感じでしたが、仲居さんがやっぱり少々(かなり?)年老いた海女さん達だそうで、タイムスリップした感じでよかったです。伊勢エビも美味しかったです。
d0001004_7492843.jpg
[PR]
by daisenhougen | 2005-09-25 07:47 | 街歩き・お出かけ
<< 伊勢神宮を参拝する 「9月文楽公演 第二部」菅原伝... >>