伊勢神宮を参拝する

d0001004_7522726.jpg 昨日(9月24日)伊勢神宮を参拝した。
 まずは奥の院と言われている「朝熊山金剛證寺」を参拝。もちろん神社ではなく、れっきとしたお寺で三大虚空蔵尊のひとつと言われているそうです。ただお伊勢参り盛んな頃「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と、もてはやされたとのことです。江戸時代は神も仏も一緒だったんですね。でも、はるばる山を登って(といっても車ですから楽ちんですが)行きましたが、閑散としていてあんまり参拝者はいませんでした。今はあんまり訪れる人はいないんでしょうか。おかげで、のんびり参拝できました。
d0001004_7531815.jpg
 次に「内宮」を参拝。正式名称を「皇大神宮(こうたいじんぐう)」と言うそうで、天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)を祀っているそうです。神社の総本山みたいな処だけあって大勢の参拝者がいました。伊勢神宮ブランドの集客力は衰えていないんですね。隣接した土産物屋の集まった「おかげ横町」などもにぎわってました。さすがに日本人の旅行の元祖だけあって、お伊勢参りは今も廃れていないんですね。観光バスもいっぱい駐まってました。

d0001004_7552252.jpg 最後に「外宮」を参拝。正式名称を「皇大神宮(こうたいじんぐう)」と言うそうで、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)を祀っているそうです。こちらは一転して、またもや閑散としていました。現代のお伊勢参りのにぎわいは「内宮」だけなんですね。でも、外宮のほうが神々がやどるといった雰囲気はありました。
 今回は「朝熊山金剛證寺」→「内宮」→「外宮」と参拝しましたが、正式には全く逆に参拝すべきなんだそうです。まったく罰当たりな参拝でした。とりたてて信仰心を持ち合わせているわけでもないんですから同じですかね。

[PR]
by daisenhougen | 2005-09-25 07:52 | 街歩き・お出かけ
<< 三島由紀夫「奔馬」を読む 二見浦の夫婦岩を訪ね、答志島に泊まる >>