巾着田の曼珠沙華とコスモスを見る

d0001004_7481034.jpg 昨日(10月1日)で巾着田(きんちゃくだ)で曼珠沙華とコスモスを見た。
 休みなのに早起きして(年取った証拠ですかねぇ)、はるばる西武池袋線に乗って「高麗」下車(電車にはハイキングにいそしむ多くのお年寄り?)。拙宅から約2時間強の小旅行です。西武池袋線に乗るのも久しぶりですし、大体において中村橋より先に行くのはは初めてでした。
 高麗駅前は売店が並び巾着田の曼珠沙華一色となっていました。そこから10分ほど歩くと高麗川(こまがわ)にたどり着く。川の蛇行により巾着状の流れになったことから巾着田と呼ばれるようななったとのこと。そこから川に沿いながら砂利道を歩いてゆくと曼珠沙華の咲いている群生地に到着。
 着いてみると、まさしく一面が紅い曼珠沙華で埋め尽くされていました。小生、こんなに大量の曼珠沙華を見るのはもちろん初めて。感激しました。そして満開状態。一番の見頃なのかも知れません。その上、青空とこんな恵まれているのはめったにないですね。早起きしたかいがありました。
 曼珠沙華は普通は彼岸花と呼ばれていますね。そもそも小生が曼珠沙華なる花を知ったのは斎藤茂吉の歌からでした。この漢字の字面だけでも何か感じちゃいますね。

d0001004_7495960.jpg 次に、巾着の内側にある野っぱらにコスモスを見に行く。でもこちらはあんまり統一感もなくチョット失望。なかなか感動するようなコスモス畑には巡り会えませんね。でも目的は曼珠沙華なんですから贅沢言ってはいけませんね。
 高麗駅に戻って電車が来るまで売店で買った団子を食べて待ってました(1時間に2本てのものんびりしてイイですね)。

[PR]
by daisenhougen | 2005-10-02 07:48 | 街歩き・お出かけ
<< 「佐伯祐三 芸術家への道」を見る 2005年9月鑑賞記録 >>