2005年10月鑑賞記録

 恒例の月間鑑賞記録です。
 10月に出かけて見てきた(聴いてきた)コンサート、伝統芸能、展覧会、映画等をまとめてあります。
 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、○は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。あくまでも小生の主観で非常に甘い評点です。それぞれのコメントはブログの該当投稿参照してください。
 まず今月の総括。コンサートは3回のみしか行けませんでしたが、バイエルン国立管弦楽団とアファナシエフは素晴らしかったです。伝統芸能では歌舞伎1回だけです。内容もいまひとつでした。展覧会は7つほどいきましたが、先月と比べると激減しました。その中ではプラート美術の至宝展が良かったです。映画は1本しか見る機会がありませんでしたし、つまらなかったです。
 それでは一覧です。
コンサート
◎「タンホイザー」メータ/バイエルン国立管弦楽団(東京文化会館)
△「アイーダ」プラハ国立歌劇場/マリア・グレギーナ(東京文化会館)
◎「ヴァレリー・アファナシエフ ピアノ・リサイタル」(浜離宮朝日ホール)

 伝統芸能
△「芸術祭十月大歌舞伎 昼の部」廓三番叟、加賀見山旧錦絵(歌舞伎座)

 展覧会
○「佐伯祐三 芸術家への道」(練馬区立美術館)
△「シグマー・ポルケ展」(上野の森美術館)
△「特別公開 国宝 仏頭」(東京国立博物館)
△「やなぎみわ展」(原美術館)
○「プラート美術の至宝展 」(損保ジャパン)
△「巨匠デ・キリコ展」(大丸ミュージアム)
△「再興院展90回の歩み展」(日本橋三越)

 映画
×「ルパン」(シネチッタ)

 その他
 なし  

[PR]
by daisenhougen | 2005-11-01 11:15 | 鑑賞記録(まとめ)
<< USBフラッシュメモリーを買う 「アファナシエフ ピアノ・リサ... >>