「特別展 国宝 燕子花図」を見る

d0001004_236235.jpg 昨日(11月3日)「根津美術館」で「特別展 国宝 燕子花図-光琳 元禄の異才」を見た。
 開館時間の9時半に訪れました。さすがに人気の展覧会ですね、朝早くから、結構見る人がいるんですね。庭園の方で何か催しが行われていたのも影響していたのかもしれませんが。
 初めて「燕子花図」を拝見させていただきました。修復のために4年半ぶりの展示だそうです。さすがに素晴らしい存在感を示していますね。大胆な構図から色遣い、そして何と言っても筆の力強い勢いまでどれも素晴らしいですね。じっくり堪能できました。光琳の最高傑作で国宝指定というのもうなずけます。でも修復したといっても、ずいぶん傷みは残ったままなんですね。ちょっと驚きました。
 その他にも、「四季草花図」、「槇楓図」、「孔雀立葵図」などの光琳の素晴らしい大作も展示してあり、堪能させてもらいました。
 図録買いましたので、後日ゆっくり眺めてから再度、感想をアップする予定です。

[PR]
by daisenhougen | 2005-11-04 23:10 | 鑑賞記-展覧会
<< 「アワーミュージック」を見る 俵万智「歌集 プーさんの鼻」を読む >>