「イサム・ノグチ展」を見る

d0001004_21553738.jpg 昨日(11月23日)「東京都現代美術館」で「イサム・ノグチ展」を見た。
 こちらはそんなに混んでいないだろうと思って訪ねたが、予想に反してチケット販売のところに行列ができていました。会場内もけっこう人が入っていました(北斎展と違って、鑑賞するのに支障があるほどではありませんでしたが)。
 イサム・ノグチ(1904-1988)の造形作品46点の展示です。モエレ沼公園オープン記念での展覧会とのことです。いろんな素材と使った多様な造形を楽しませてもらいました。 なんといっても最大の目玉はパンフレットにも写してある「エナジー・ヴォイド」です。高さ3.6m、重さ17トンとかで、さすがに存在感がありますね。
 野外にもモエレ沼公園の遊具2点ほど展示してあり、子ども達が自由に遊んでいました。 最後にはこのほど完成したモエレ沼公園の模型なども展示してありました。
 もう少し、展示数が多ければ良かったのですが・・・。でも楽しい展覧会でした。

 常設展も見てきました。だいぶ展示替えがされていました。舟越桂の木像や横尾忠則の絵画が数点ずつ展示してあったのは嬉しかったですね。サム・フランシスは相変わらず展示してあるのも嬉しかったです(「東京都現代美術館」を訪ねる楽しみの一つですね)。


[PR]
by daisenhougen | 2005-11-24 21:55 | 鑑賞記-展覧会
<< 「山口晃展」を見る 「北斎展」を見る >>