「平安の仮名、鎌倉の仮名」を見る

d0001004_14223368.jpg 昨日(11月26日)「出光美術館」で「平安の仮名、鎌倉の仮名―時代を映す書のかたち―」を見た。
 こちらの展覧会も「古今和歌集1100年・新古今和歌集800年記念」ということです。「平安時代の仮名」と「鎌倉時代の仮名」の2部構成で、仮名文字だけの展示です。こちらも国宝1点と重要文化財が多数展示してありました。一年前にも「書の名筆ー<三色紙>とちらし書き」なんていう素晴らしい展覧会を拝見しましたが、この美術館得意の分野なんですね。
 先に訪れた「五島美術館」と違って、こちらは静かな環境で鑑賞することができました。やっぱり書跡の鑑賞は一文字ずつ丹念に目で追うことが必要ですので、ゆったりとした環境で鑑賞できるのは有り難いことですね。優美な平仮名の曲線を眺めていると、何か時間を超えていくような幻覚に襲われる気がしました。文字の美というのは奥が深いですね。
 コーランの装飾文字からはじまり、日本の仮名文字いろいろと文字づくしの一日でした。

[PR]
by daisenhougen | 2005-11-27 14:21 | 鑑賞記-展覧会
<< オペラ「リゴレット」アンドレア... 「やまとうた一千年展」を見る >>