「スコットランド国立美術館展」を見る

d0001004_19154551.jpg 昨日(12月23日)「Bunkamuraザ・ミュージアム」で「スコットランド国立美術館展-コロー、モネ、シスレー、そしてキャメロン-」を見た。
スコットランドの首都エディンバラにあるスコットランド国立美術館の収蔵品の中から、19世紀のフランス印象派とスコットランド絵画を中心にした95作品の展示です。
 フランスの画家は赤系のパネル、スコットランドの画家は紫系のパネルに色分けして展示してありました。人物画や風景画などが中心の展示でしたね。
 でも、どちらかというと地味な作品群でしたね。ちょっと退屈だったかも。でも年末の外の喧騒を忘れさせてもらいました。これも展覧会を見る効用かもしれませんね。

 さて、本展覧会が本年の展覧会巡りの締めとなりました。いろいろ一年間楽しませてもらいました。感謝、感謝。

[PR]
by daisenhougen | 2005-12-24 19:14 | 鑑賞記-展覧会
<< 「第9特別演奏会」東京フィル/... 「ジャン・フルネ引退公演」都響... >>