2005年 年間回顧

 年間回顧を少し書いてみます。
 まずコンサートです。2005年はクラシックのコンサートを45回ほど聴くことができました。うちオペラが15回です。いろんな名演に接することができました。充実した1年でしたね。感動したのはいっぱいあるますが、少しリストアップしておきます。
1.アファナシエフの演奏
 アファナシエフの演奏は東京シティ・フィルの指揮、ピアノソロ、協奏曲のピアノ演奏と3度聴くことができました。いずれも感動しました。小生にとってはベストワンです。
2.ルイゾッティ指揮のオペラ「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」
 ルイゾッティもオペラの指揮を2度聴くことができました。2006年も期待したいですね(サントリーのホールオペラはもうチケット買ってしまいました)。
3.シルヴィ・ヴァレルの「サロメ」
 衝撃的な舞台でした。2006年も来日してほしいですね。
4.メータ指揮バイエルン国立管弦楽団の「タンホイザー」
 現代的演出のワーグナーもすばらしいですね。本場ものもやっぱりすばらしいですね。
5.ポリーニのピアノソロ
 やっとポリーニの生演奏聴くことができました。ミーハー的にも大感激。
 これら以外にも、アルゲリッチの室内楽、新国立の「コジ・ファン・トゥッテ」、ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団(そして五嶋みどり)、ジャン・フルネ指揮東京都響の引退演奏会なども特に心に残りました。

 次に伝統芸能です。こちらは20回ほど訪れることができました。内、文楽が5回です。心に残ったのは次の2公演ですね。
1.「五月大歌舞伎 夜の部」(歌舞伎座)
 勘三郎の襲名公演でした。「鷺娘」の玉三郎、野田版「研辰の討たれ」の勘三郎。これこそ現代歌舞伎の最高峰でしょう。これを見て歌舞伎にはまってしまいました。
2.「七月大歌舞伎」(NINAGAWA十二夜)(歌舞伎座)
 蜷川歌舞伎の初お披露目。さすが蜷川さんですね。
 小生の今年最大の収穫は文楽(人間浄瑠璃)の発見です。でもまだデキの良し悪しを判断できるレベルにはありません。2006年はもうすこしレベルアップしなくてはなりませんね。

 さて今度は展覧会です。こちらは76回ほど訪れることができました。うち2度訪問した展覧会が2つありますので、結局は74の展覧会を見ることができた勘定になります。心に残った展覧会は以下のとおり。
1.「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展」(国立西洋美術館)
 小生にとって、美術展を見て回っての今年最大の収穫です。こんなすばらしい画家の存在すら知らなかったなんて。無知に恥じ入るばかりです。2度訪れました。
2.「小林古径展」(東京国立近代美術館)
 日本画の最も純粋な成果ですね。こちらも前期と後期と2度訪れました。
3.「足立美術館開館35周年記念 横山大観展」(三越日本橋店)
 日本画最大の巨人ですね。見るたびに発見があります。
4.「出光コレクションによる ルオー展」(東京都現代美術館)
 小生の好きなルオーの作品が、日本にこれほどのコレクションがあったんですね。驚きです。
5.「円空展」(横浜そごう美術館)
 円空さんは心が和みますね。
6.「やまとうた一千年展」(五島美術館)
 最近、書の世界に惹かれています。そしてこのジャンルで今年一番充実した展示でしたね。ひっそり開催されていましたね。
7.「良寛遺墨展」(東京美術倶楽部)
 こちらもひっそりと開催されていましたが、いい展示でした。良寛さんの書もいいですね。
8.「石川九楊の世界展」(日本橋 三越)
 現代の作品では九楊さんのこの展示に惹かれました。
 その他には「片岡球子展」(神奈川県立美術館)、「加守田章二展」(東京ステーションギャラリー)、「青木繁<海の幸>100年展」(ブリヂストン美術館)、「北斎展」(東京国立博物館)なども心惹かれました。

 最後に映画です。こちらは34作品見ることができました。この中で感動した作品をリストアップします。
1.「エレニの旅」
 文句なしの今年のベストワンでした。この映像美は本当にすばらしいです。早く続編を完成させてほしいですね。
2.「ミリオンダラー・ベイビー」
 ハリウッド映画もこんなすばらしい作品を送り出せるんですね。見直しました。
3.「ヒトラー 最後の12日間」
 映画の世界の広さと深さを感じさせてもらいました。
4.「ソマリア」
 韓国映画おそるべし。韓流ブームなんて無意味だね。
 これら以外にも、「父と暮らせば」「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」などが心に残りました。

 以上、2005年に心惹かれた演奏や作品をリストアップしてみました。東京で開催されいる膨大なエンターテイメントの中、小生が触れえたほんの少しの中から独断・独善的なリストアップです。
 来年はどんなすばらしい作品群に巡り会えるんでしょう。楽しみですね。

[PR]
by daisenhougen | 2005-12-31 17:08 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 初詣 2005年12月鑑賞記録 >>