2006年1月鑑賞記録

 今年(2006年)初めての月間鑑賞記録です。
 1月に出かけて見てきた(聴いてきた)コンサート、伝統芸能、展覧会、映画等をまとめてあります。
 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、○は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。あくまでも小生の主観で非常に甘い評点です。それぞれのコメントはブログの該当投稿参照してください。
 今月は昨年末に続いてあんまり行けなかったです。
 コンサートは1つ、伝統芸能はなし、展覧会と映画はほどほどの数になりましたが、月末の3日間に集中して見た分です。月間記録とは名ばかりですね。

 それでは一覧です。
 コンサート
○「NHK交響楽団1559回定期公演」ブロムシュテット/テツラフ(NHKホール)

 伝統芸能
 なし

 展覧会
○「ニューヨーク・バーク・コレクション展」(東京都美術館)
◎「書の至宝-日本と中国」(東京国立博物館)
△「須田国太郎展」(東京国立近代美術館)
△「歌仙の饗宴」(出光美術館)
△「オラファー・エリアソン 影の光」(原美術館)

 映画
◎「ある子供」(恵比寿ガーデンシネマ)
△「歓びを歌にのせて」(シネチッタ)
○「博士の愛した数式」(シネチッタ)
○「ホテル・ルワンダ」(シネチッタ)

 その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2006-02-01 14:00 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 村上春樹「意味がなければスイン... 「図録 歌仙の饗宴」を読む >>