「NO BORDER」を見る

d0001004_16273035.jpg 昨日(3月11日)「東京都現代美術館」で「NO BORDER「日本画」から/「日本画」へ」を見た。
 日本画あるいは日本画的な表現に取り組む7人の作家による2000年以降の作品展示。篠塚聖哉、天明屋尚、長沢明、町田久美、松井冬子、三瀬夏之介、吉田有紀の7名です。
 玉石混淆かもしれませんが、かなり興味そそられる展示でした。
 小生の愛する、かがやかしき日本画も「院展」が象徴するように、今はすっかり形骸化していますね。見に行くたびに落胆していました。
 でもこういった試みがなされているんですね。すばらしいです。こういった中から新たな日本画が生まれてくるのかも知れません。期待したいですね。

[PR]
by daisenhougen | 2006-03-12 16:27 | 鑑賞記-展覧会
<< 「転換期の作法」を見る 「ベン・シャーン展」を見る >>