奈良で桜を見る

d0001004_11351241.jpg  昨日(4月3日)奈良で桜見物。
 さて今度は奈良に移動です。京都でダメなんですから、奈良の山中で咲いているはずありませんね。
 ようやくたどりついた吉野の山です。下千本の桜。咲いていれば素晴らしいでしょうね。これだけの大量な山桜が一斉に咲いていれば、まさしく夢心地でしょうね。でも、今回は想像するしかありません。


d0001004_11364279.jpg 「金峯山寺 蔵王堂」です。修験道の根本道場だそうです。お坊さんの説経も聞かせてもらいましたし、「聖徳太子立像」なども見ることができました。歴史を感じさせるお寺さんですね。お堂の前の桜もまだまだです。


d0001004_11395468.jpg 次は「長谷寺」です。山門の入り口付近には咲いている桜の木が何本かありました。やっぱり平地に戻れば少しは違うんでしょうかね。でも、長い回廊を上って見下ろせば、まだまだチラホラでしたね。
 以上、一泊二日の京都・奈良の桜の旅はほとんど咲いた桜には巡り会えませんでした。特に、千鳥ヶ淵の満開の桜を見た後では、咲くか咲かないかの時期の桜では物足りなさが残りました。
 何時の日か、満開の時に訪れたいですね。

[PR]
by daisenhougen | 2006-04-04 11:34 | 街歩き・お出かけ
<< 吉本隆明「家族のゆくえ」を読む 京都で桜を見る >>