馬籠、妻籠を歩く

d0001004_19493025.jpg
 一昨日(5月3日)ゴールデン・ウィークってことでちょっと遠出。岐阜県中津川市の「馬籠宿」と長野県南木曽町「妻籠宿」を歩いてきた。
 ともに旧中山道の宿場のたたずまいを再現、一部保存した、言ってみれば町おこしの観光施設みたいなもの。歩いたと言ってもどちらも街並みはたいした距離ではありません。
 「馬籠宿」の方が少し観光地化の度合いが高い様にも思えるが、たいした差が有るわけでもありません。同じような施設なので2カ所行ったのは小生には少々退屈だったかも。施設が整備されているのをお好みの人は「馬籠宿」、鄙びた感じがお好みの人は「妻籠宿」ってとこですかね。
 当然ゴールデン・ウィークですので観光客でごった返していました。言ってみれば観光客を見に行ったようなもんです(もちろん、小生もそのひとりですがね)。小生には土産物屋と食い物やが並んでいるだけであんまりピンとは来なかったが、こういう場所をわざわざ選んで来てるんだから文句言っちゃいけませんね。おやきと五平餅を食べたので満足しなくっちゃ。
d0001004_19494634.jpg
[PR]
by daisenhougen | 2005-05-05 20:08 | 街歩き・お出かけ
<< 「5月大歌舞伎 夜の部」見る アファナシエフ「音楽と文学の間... >>