「内田あぐり展」を見る

d0001004_14332558.jpg 昨日(11月25日)「平塚市美術館」で「内田あぐり展」を見た。
 「山本丘人展」に訪れたら、同時開催されていました。まったく開催していることすら知りませんでした。しかも「山本丘人展」のチケットで無料で見ることができました。ラッキーでしたね。
 内田あぐり(1949-)さんは武蔵野美術大学出身の日本画家で創画会に所属し、山種美術館賞や日経日本画大賞などを受賞しているようです。
 日経が推奨している為なんでしょうが、日経新聞紙上で何度か見かけたことがありましたが、作品そのものをまとめて拝見するのは初めてです。
 初期の具象作品「女人群図」「密」からはじまり最新作であるかなり抽象度の高くなった「continue#052-061」までミニ回顧展といったあんばいの展示でした。
 日本画の領域の拡張といった意味で興味深い展示でした。「山本丘人展」と同時開催なのは創画会つながりなんでしょうかね。師匠の遺志ををついでオオバケしてほしいですね。丘人さんが画風を確立した年齢になりつつあるんですから、これからの期待大ですね。
 こちらは図録買えましたので、読んでから感想続けます。

[PR]
by daisenhougen | 2006-11-26 06:32 | 鑑賞記-展覧会
<< 映画「暗いところで待ち合わせ」を見る 「山本丘人展」を見る >>