「葉山に開花した山口蓬春の芸術」展を見る

d0001004_13571515.jpg 昨日(12月16日)「山口蓬春記念館」で展覧会「葉山に開花した山口蓬春の芸術-友情に結ばれた画家と建築家」展を見た。
 「山口蓬春記念館」は初めて訪れました。「神奈川県立美術館葉山」のすぐそばなんですね。知りませんでした。
 「山口家より土地・建物及び所蔵の美術品を遺贈された(財)ジェイアール東海生涯学習財団が、蓬春の偉業を永く後世に伝えることを目的として、平成3年10月15日に開館した」とのことです。
 受付で靴を履き替えて入ります。そして山口蓬春の画業の紹介ビデオを拝見しました。後はアトリエを見学するといった案配です。まさしく蓬春さんの私邸そのものなんですね。綺麗な庭と葉山の海が望める絶好のロケーションですね(前方に、家が建て込んできているのがチョット残念ですがね・・・)。
 作品の展示は、主力作品が「神奈川県立美術館葉山」に持って行っている為もあるようで、穏やかな周辺作の展示のようでした。
 いつでも、こういった形で蓬春さんの作品に触れることができる施設があるのは素晴らしいですね。今後も、「神奈川県立美術館 葉山」に来た時は欠かせませんね。

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-17 06:56 | 鑑賞記-展覧会
<< 「再興第91回 院展」を見る 「山口蓬春展」を見る >>