デジタルカメラ「Canon PowerShot G7」を買う

d0001004_10164121.jpg デジタルカメラ「Canon PowerShot G7」を買った。ついに買ってしまいました。おニューのデジカメです。
 今まで使っていたのが、すっかり時代遅れになってしまいました。いろいろ悩んだのですが、コンパクトでありながら、マニュアル操作ができる機種ということで、このPowerShot G7に決めました。意外とこういった機種ないんですね。コンパクト機のかなりの機種は液晶だけで光学ファインダーすらがないんですものね。
 ところが、売れているんですねぇ。3店ほど大型店を回りましたが、何れも予約は受け付けますが一ヶ月待ちとか入荷未定とのことでした。発売からけっこう時間がたっているのに、値段もほとんど値崩れしてませんでした。
 でも、大型店めぐりの中で、実機には十分触ることができました。そして触れば触るほど欲しくなってしまいました。電子機器でありながら、品位がある作りですね。コンパクトなタイプの中ではこれだけでしたね。
 こうなると意地ですから、ネットで探しました。すると「ソフマップ・ドットコム」が即納できると言うことで即注文しました。59,800円でポイント15%還元でした。

 さて、届きましたので、携帯電話からminiSDカードを取り外し、アダプターを着けて一時的に使うことにしました。256MBの容量なので一応間に合いますね。
 チョット使った感じでは、最近の機種にはみんな搭載されているようですが、光学手ブレ補正は便利ですね。これで、手ブレ写真はかなり防げそうです。こういったところは最新電子機器なんですね。
 更に使い込んでいけばマニュアルで撮影ができるので、昔使っていた一眼レフを思い出しながら、いろいろいじっていけそうです。単身赴任生活での楽しみが又一つ増えました。
 小型の簡単デジカメの面と、少し使い込んでもマニュアル操作でけっこう高度な使い方ができるマニアチックなところの、両面を持っていますね。
 最近主流のほとんど電子機器そのものといったデジカメではないので、けっこう長い期間使えそうな気がします。かたち的には小さいので常時持って歩けそうなのもいいですね。

 思えば、私が最初にデジタルカメラを買ったのは、忘れもしないカシオのQV-10です。10年以上は前ですね。たぶんこのカメラと同じぐらいの値段だったと思います(あんまりさだかではないですが・・・)。
 そしてたぶん25万画素ですから画質は悪いし、すぐに電池はなくなるし、保存はいくらもできないし、本当にオモチャのレベルでしたね(もちろんその当時は画期的であり、ずいぶん愉しませてもらいました)。パソコンの支援機器みたいな位置づけだった気がします。
 でも、そこからの進化は凄いものがありますね。画素数だけでも40倍ですからね。すっかりアナログカメラを追い抜きましたね。

 備忘録として、Canon PowerShot G7の主な仕様を写しておきます。
 カメラ部有効画素数 約1000万画素
 撮像素子 1/1.8型CCD
 総画素数約1040万画素
 レンズ 焦点距離(35mmフィルム換算) 7.4(W)-44.4mm(T)[35(W)-210mm(T)]6倍ズーム
 F値 F2.8(W)-4.8(T)
 デジタルズーム 約4.0倍(光学ズームと合わせて最大約24倍)
 ISO感度 ISO80/100/200/400/800/1600
 液晶モニター 2.5型TFT液晶カラーモニター (約20.7万画素)
 最大静止画 ラージ 3648×2736画素
 記録媒体 SD/SDHCメモリーカード/マルチメディアカード
 インターフェース USB 2.0 HS(mini-B)、AV-OUT
 電源 専用充電式リチウムイオン電池(NB-2LH)、
  フル充電NB-2LH使用の場合 約220枚 約500枚
  再生可能時間*6 フル充電NB-2LH使用の場合:約300分
 大きさ 106.4×71.9×42.5mm
 質量 約320g
d0001004_10165087.jpgd0001004_1017182.jpg
[PR]
by daisenhougen | 2007-02-02 07:16 | 買い物
<< 「図録 都路華香展」を読む 2007年1月読書記録 >>