白川郷旅行記/白川郷合掌集落ライトアップ

d0001004_16152860.jpg 本年最初の小旅行は白川郷でライトアップを見てきました。しかも今回は過酷なバスツアーで。
 まず初日(2月10日)。早朝7時に横浜駅前をバスで出発。中央道に乗っかっり、ひたすらひたすら向かうだけです。白川郷荻町合掌集落に到着したのが3時ですから、8時間乗っていたことになります(合計で1時間ほど休憩をはさんでいたので、実質7時間ですかね)。
 さて、白川郷合掌集落ですが、十数年前に一度訪れたことがあります。今度訪れる時は、ぜひ雪の白川郷と思っていいましたので、やっと実現できたことになります。この時はまだ世界遺産には登録される前でしたね。
 でも、到着してみると、屋根にはほとんど雪は残っていませんでした。つららなどにいたっては形もありませんでした。畑や山には雪が残っていましたが、豪雪地帯の冬景色とはほど遠い情景でした。春の白川郷と言った風情でしたね。
 でも、ライトアップと言うことで、多くの観光客が押し寄せてました。
 ライトアップまでは、時間がたっぷりあったので、「合掌造り民家園」で屋内を見学して、囲炉裏の傍でぜんざい食べたり、国指定重要文化財となっている和田家の家の中を見学したりしてました。
 さて、ほどよい時間となったので、荻町城跡の展望台まで歩いて登りました。今回は雪もなかったので、そんなにひどい思いもしませんでしたが、積雪があって寒かったりしたら登るのは、けっこう大変ですね。
 到着すると、凄い人混みです。多くの人がカメラを構えて、ライトアップを待っていました。本格的な装備のカメラ愛好家が大挙して押しかけているようです。さすが人気のスポットですね。
 ようやく5時半からライトアップ開始しましたが、まだ少々明るく、6時ぐらいからやっとライトアップの感じが出てきました。でも、今回は雪が屋根にないため、ライトアップの効果は今一歩のようでした。
 でも、合掌集落の家々に灯りがともり、うっすらとまわりからライトアップされた光景は幻想的でなかなか良かったです。満足満足ですね。
 後は、再びバスに乗って富山県の温泉地に宿泊して、初日終了です。

[PR]
by daisenhougen | 2007-02-12 20:14 | 街歩き・お出かけ
<< 白川郷旅行記/五箇山相倉集落/... GPSユニット「SONY GP... >>