白川郷旅行記/五箇山相倉集落/郡上八幡

d0001004_1618375.jpg 白川郷ツアー二日目(2月11日)です。
 さて、今回の第2の目的地であるもう一つ合掌造り住宅群で、富山県側にある五箇山の相倉集落の見学です。こちらも世界遺産の登録に含まれているようですね。
 泊まったホテル周辺は夜遅くから雨が降り出して、朝方も雨でした。ところが目的地に近づくにつれて雪となり、辺り一面雪となっていました。
 五箇山の相倉集落はすっかり雪化粧となっていました。やっと待望の雪の合掌造り住宅に出会えました。
 こちらの相倉集落は合掌住宅が24棟のこじんまりした集落です。昨日の白川郷とは違って鄙びた風情ですね。
 こちらでは2棟ある「相倉民俗館」を見学し、「民宿 勇助」でぜんざいを食べたりして楽しみました。「相倉民俗館」で説明してくれた人によると、昨年は4メートルの積雪だったそうで、今日降っている雪などは、雪の内には入らないそうです。
 なにはともあれ、雪の合掌造りに出会えたので、こちらも大満足ですね。

d0001004_16195026.jpg 次は、バスで移動して、最後の目的地である郡上八幡に移動です。こちらは一転して本当に雲一つない快晴となっていました。
 最初に観光施設「郡上八幡博覧館」で郡上八幡の説明を受けました。ここの説明員が非常に巧みで、けっこう愉しんで拝見できました。普通こういった施設は退屈なのですが、こういった優秀な説明員がいると一変しますね。郡上踊りの実演もありました。
 後は、有名な「宗祇水」を飲んだり、団子食べたりしながら街を一周しました。特に、ここだと言った施設は見あたりませんでした。平凡な感じがいいんでしょうかね。やっぱり郡上踊りの時に来ないとダメですかね。
 後は、ひたすらひたすらバスに乗り続けました。帰りは東名高速通って横浜へ戻りました。途中はずーっとスムーズでしたが、神奈川県に入ったあたりから突然、大渋滞に巻き込まれてしまいました。結局、到着は10時チョット前でした。

 ひたすらバスに乗り続けた旅でした。でも、たった一泊二日では、個人で移動して、こいった観光スポットを訪れるのはなかなか難しいですものね。
 念願の白川郷のライトアップ、五箇山の雪景色と両方見ることができたのですから満足な旅でした。

[PR]
by daisenhougen | 2007-02-13 07:18 | 街歩き・お出かけ
<< フォトプリンター「SELPHU... 白川郷旅行記/白川郷合掌集落ラ... >>