光回線電話工事

d0001004_7572714.jpg 昨日、光回線への電話工事が完了した。
 工事の人が来て、今までのADSL用の機器を取り外して、新しいブロードバンドルータを接続。その後、建物の回線取り込み部分での切り変えした後、室内の回線に機器を取り付けて工事終了でした。全部で30分もかかりませんでした。これで電話はIP電話へ切り替え済みなので今まで通り使ってくださいとのでした。
 工事の人が帰った後、自分でインターネット接続の設定を始めました。以前、ADSL回線を引いた時は何の問題もなく接続できたので、今回もそんなもんだろうと思ったら大違いでした。
 何度も、NTTから送付された設定ソフト「フレッツ超カンタン設定CD-ROM」のガイドに従って試しても、うまく接続できませんでした。仕方なしにサポートセンターへ電話しても、こちはずーっと話し中でした。ほとほと困ってしまいました。
 でも、ブロードバンドルータの空き箱を開いて、取扱説明書をとりだして見て、やっと気がつきました。
 「本機の設定にあたっては、「まるごと設定ツール」のCD-ROMをご利用ください。Bフレッツの「開通のこ案内」に同封されています「フレッツ簡単セットアップツール」は本機ではご利用にはなれません」だそうです。
 ルーターの設定は工事の人が済ましている思ったいたのが間違いの元でした。
 紛らわしいCD-ROMを2種類も送ってよこすなーーーー。
 ということで、2時間以上も悪戦苦闘しました。簡単何とかなんてのに騙されてはいけません(キチンと送付されたものを全部確認しなかった自分が悪いだけですね・・・)。

 早速ネットの中をいろいろ覗いてみました。
 やっぱり動画なんかは快適です。3Mクラスの精細な動画がさくさく動くのはチョット感動的です。こういった環境であれば、TVとの融合なんて言うのもわかります。20年も前から言われ続けたことが実現できる環境になったのですね。
 NTTの回線接続の速度計測してみたら53,54Mbpsでした。100Mbpsの回線を共有なんですからこんなもんなんでしょうかね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-03-20 07:56 | その他
<< 「週刊アーティスト・ジャパン ... ブロードバンドルータRV-23... >>