山形旅行記Ⅱ(4月30日)

 山形旅行の二日目は、泊まった旅館が経営する「広重美術館」で展覧会「開館十周年記念展「広重の画業」」見ました。こちらの感想は、別にアップします。
d0001004_142740100.jpg

 次に、「斉藤真一心の美術館」で展覧会「瞽女日記-盲目の旅芸人を描く-」見ました。こちらの感想も、別にアップします。
d0001004_1428935.jpg

 天童市を後にして高畠町に移動しました。田園風景の中「まほろば桜回廊」で桜を見ました。約6kmに及ぶサイクリングロード沿いに桜並木が続いていました。こちらはかなり落花が進んでました。でも、晴天の中自然に囲まれて、桜の散る中をサイクリングすれば気持ち良いでしょうね。風を切ってサイクリングする人が羨ましかったです。
d0001004_14313620.jpg

 今回の旅行の最後は「まほろば・童話の里 浜田広介記念館」に寄りました。地元出身の童話作家とのことです。わたくしの興味外でしたが、連れ合いのリクエストですから、尊重しました。ヤンキーズの松井選手が童話を朗読したことで話題になったようですね。
d0001004_1431588.jpg

 短い一泊二日のミニ旅行でしたが、快晴に恵まれましたし、時期が過ぎたと思っていた桜も何とか間に合うことができました。いろいろ訪れた美術展も充実していましたし、前半のゴールデンウィークは充実した日を過ごせました。
[PR]
by daisenhougen | 2007-05-01 14:33 | 街歩き・お出かけ
<< 特別展「直江兼続」+国宝「上杉... 山形旅行記Ⅰ(4月29日) >>