紀伊半島旅行記Ⅰ(5月3日)

 ゴールデンウィークの後半は、和歌山から三重にかけて紀伊半島を二泊三日(5月3日~5日)で一周してきました。
 ミニ旅行記を少々。Canon PowerShot G7で撮った写真も一緒に載せておきます。
 旅行初日(5月3日)は新大阪までは新幹線、そこからバスといった具合で、白浜に着いたのは4時過ぎなっていまし。やっぱり遠いですね。
 さて最初の観光地は「三段壁」です。「屏風のように濃緑の海に直立する高さ50~60メートルの絶壁」といった南紀白浜一の観光スポットです。そして、かつては熊野水軍の舟隠し場所であった海侵洞窟にエレベーターで下りてきました。たった30メートルぐらいのエレベータを下りるだけで1200円はちょっとぶったくりすぎの気もしましたね。

d0001004_10504355.jpg
d0001004_10505657.jpg

 次が「千畳敷」です。「新第三紀層の砂岩から成る、太平洋に面したスロープ状の岩盤。砂岩は非常に柔らかいため、打ち寄せる波の浸食を受け、複雑な地形を形成している」とのことです。時間もおしてしまって売店も閉店となってしまいました。でも、夕方の海辺の風景も良いもんですね。
d0001004_10512952.jpg
d0001004_10513958.jpg

 以上をまわって時間切れ。白浜温泉につかって一日目終了です。
[PR]
by daisenhougen | 2007-05-06 07:48 | 街歩き・お出かけ
<< 紀伊半島旅行記Ⅱ(5月4日) 2007/04読書記録 >>