2007年05月の月間鑑賞記録

 2007年05月の月間鑑賞記録です。
 5月に出かけて見てきた(聴いてきた)展覧会、映画、コンサート等をまとめてあります。
 展覧会は22の展示を拝見することができました。今月はひさびさに多くの展示に触れることができました。しかも念願の京都遠征も果たしましたし、古今東西の眼の悦楽を堪能した月でした。 でも、なんといっても「若冲展」です。いまだに感激が残ってます。現状では文句なしに本年ベストワンです。
 もちろんそれ以外も充実していました。こちらも京都で拝見した「福田平八郎展」も素晴らしかったですし、千葉の「鳥居清長展」も歴史的展示でしたね。
 出光、山種の両美術館の展示も素晴らしかったです。こちらは後期展示もぜひ訪れたいです。 モネやロシア美術も堪能させてもらいました。特に近代ロシア美術という新しい領域を発見できました。
 そして現代美術では山口晃、三沢厚彦両氏の作品に感銘受けました。まさに旬の作家ですね。
 映画は今月も2本で、低調なままでした。「スパイダーマン3」は文句なく愉しめました。
 コンサート、その他はともになしです。
 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で非常に甘い評点です。それぞれのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 それでは一覧です。

 展覧会
◇「澁澤龍彦-幻想美術館」展(埼玉県立近代美術館)
△春季展「白隠和尚―禅僧の書画―」(永青文庫美術館)
△「村上豊の芸術世界」(講談社野間記念館)
△「永青文庫所蔵 白隠画の逸品」展(早稲田大学會津八一記念博物館)
△「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」(Bunkamura)
◎「若冲展」(相国寺承天閣美術館)
◎「福田平八郎展」(京都国立近代美術館)
△「藤原道長展」(京都国立博物館)
◇「肉筆浮世絵のすべて」展(前期)(出光美術館)
△「パリへ―洋画家たち百年の夢~」展(東京芸術大学美術館)
◇「国立ロシア美術館展 ロシア絵画の神髄」(東京都美術館)
△「マリー・ローランサン展-パリの華-」(諸橋近代美術館)
◇「アートで候 会田誠 山口晃展」(上野の森美術館)
◎「鳥居清長-江戸のヴィーナス誕生―」展(千葉市美術館)
◇「三沢厚彦 アニマルズ+PLUS」展(平塚市美術館)
△「水の情景-モネ、大観から現代まで」展(横浜美術館)
◇「山種コレクション名品選(前期)」(山種美術館)
△「狩野派誕生-栃木県立博物館コレクション-」(大倉集古館)
◇「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」(国立新美術館)
△開館記念展I「日本を祝う」(サントリー美術館)
△「椿会展2007―Trans-Figurative―」(資生堂ギャラリー)
△「ヘミングウェイが愛した街 1920年代 巴里の画家たち展」(日本橋高島屋)

 映画
△「バベル」(109シネマズ)
△「スパイダーマン3」(109シネマズ)

 コンサート
 なし

 その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2007-06-01 06:59 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 2007年05月の読書記録 雑誌「芸術新潮 6月号」を拾い読み >>