信州の霧ヶ峰から白樺湖まで

 昨日(7月22日) 信州の霧ヶ峰から白樺湖まで日帰りで行ってきました。
 この季節はやっぱり高原でニッコウキスゲですよね。
 夏休みの時期になったのですが、まだまだ中央高速は空いていて、かなり順調に諏訪インターをおりることができました。
 そして「霧ヶ峰高原」へ到着です。東京は雨模様だったのが、こちらは晴れていました。ラッキーですね。

d0001004_1541151.jpg

 山歩きの人たちが大挙して押し寄せていました。ここから高原をトレッキングするようですね。 でも、このあたりには、肝心のニッコウキスゲはほとんど咲いていませんでした。十数年ぶりに訪れたのですが、かつて訪れた時は一面黄色い花に囲まれた思い出が残っているのですが、様変わりしている気がしました。
d0001004_155934.jpg

 気を取り直して、ビーナスラインを更に上っていくと、ようやくニッコウキスゲが一面に咲いているところに遭遇しました。鮮やかな黄色の花が山の緑に映えますね。はるばる訪ねてきた甲斐があります。目的が果たせて、ホッと一安心です。
 更に走行して人造湖の「白樺湖」へ到着。こちらはどんよりと曇っていました。

d0001004_156632.jpg

 「ユリとキスゲの丘」なるところをリフトで登りましたが、荒れ放題の斜面に少しばかりの花が植えてるだけでした。花いっぱいの斜面を期待していただけに、かなりガッカリでした。
 ということで、再び、中央自動車道を東京に戻りましたが、今度は小仏トンネルあたりで大渋滞。いつもの渋滞スポットですが、これがなければ遠出も楽なんですがねぇ

[PR]
by daisenhougen | 2007-07-23 14:52 | 街歩き・お出かけ
<< 歌舞伎「十二夜」を見る 「開館記念展II「水と生きる」... >>