「東京湾大華火祭」を見る

d0001004_1053218.jpg 先日(08月11日)「東京湾大華火祭」を見た。
 先日久しぶりに花火を見たら、ついついもっと大規模な花火大会を見たくなってしましました。おあつらえ向きに、大規模な花火大会が待っていました。中央区の区制施行60周年記念で第20回を数えるそうです。打ち上げ本数も12,000発と半端じゃないですねぇ。
 いろいろネットで調べてみると、もはや無料の指定席の抽選などはとっくに終わっており、後は当日早い時間に無料地区の会場で待機しないと駄目とのことでした。
 でも、協賛金5,000円也を支払えば、指定席が用意されているとのことで、さっそく入手しました。この年齢になると、半日も会場で待機する気力はないですもんね。
 さて、大枚はたいて入手した「豊洲第一会場」に出かけました。無料コーナーの前方に椅子が整然と並べてあり、さすがに少しリッチな気分を味わわせてもらいました。
 花火の打ち上げ開始され、さすがに地方の花火大会とは違う連発花火のオンパレードでした。いやーイイですねぇ。やっぱり花火はこうでなくては。これでもか、これでもかと続く光の饗宴は素晴らしいもんでした。熱い東京の一夜をビール片手に堪能させてもらいました。
 でも、この「豊洲第一会場」は少々打ち上げ位置からは遠いですね。間近での臨場感は味わうことができません。華やかな喧噪を遠くで眺めるといった感じでした。もちろん都会でこれだけゆったり花火を堪能できたのですから、贅沢言っちゃいけませんね。

d0001004_10541837.jpg
d0001004_10543058.jpg

 花火が終了すると、豊洲駅に向かっての大行列と豊洲駅の入場制限といった大混雑でした。こっちも思ったほどはひどくはありませんでした。

 東京での花火初体験は大満足でした。クセになりそうですね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-08-15 07:52 | 街歩き・お出かけ
<< 四国旅行記1 「日展100年」を見る >>