四国旅行記1

 夏休みに四国方面へ二泊三日(8月12日~8月14日)で出かけてきました。ミニ旅行記を少々。
 旅行初日(8月12日)は新幹線で岡山駅まで、そこからバスに乗り換え瀬戸大橋を渡って四国入りです。
 まずは「金刀比羅宮」。象頭山の中腹にあるので、真夏の真っ盛りに参道の石段をせっせと登りました。最初の頃は結構辛かったのですが、だんだん慣れてくるもんですね。やっと山門です。

d0001004_11125237.jpg

 785段の階段を登ってついに「御本宮」を参拝できました。

d0001004_1113328.jpg

 こちらは下界を見下ろした風景です。汗を流した後は爽快ですね。
d0001004_1114910.jpg

 今度は、下りの階段を下りました。
 途中の書院関連(奥書院、表書院、椿書院ともに)は工事中と言うことで閉鎖されていました。もちろんお宝は東京の上野にありますから当然ですね。
 いつの日かゆっくりお宝を含めて拝見しに再訪したい所でした。

d0001004_11145494.jpg

 再びバスに乗って高知市へまっしぐら。
 こちらの目的は「高知よさこいまつり」です。でも本祭りは終わっており、後夜祭フィナーレとのことです。
 いやーすごいもんです。最近はよさこいソーラン祭りと称して、日本各地でよさこい踊りを見ることができますが、やっぱり本場もんは違いますね。
 後夜祭と言うことで全国からの参加チームと地元の各賞を受賞したチームが踊ってました。アーケードで路上に座ってじっくり拝見させてもらいました。間近で拝見する迫力を堪能させてもらいました。

d0001004_11154333.jpg

 最後に、中央公園の特設ステージで受賞の発表と踊りが披露されましたが、さすが受賞チームだけあって完成されたパフォーマンスは素晴らしかったです。
d0001004_11175131.jpg

 全部のプログラムが終わったとたんに、強い雨が降ってきました。まさに天も味方してくれたお祭りでしたね。
[PR]
by daisenhougen | 2007-08-16 06:11 | 街歩き・お出かけ
<< 四国旅行記2 「東京湾大華火祭」を見る >>