四国旅行記2

 四国旅行二日目(8月13日)。
 まずは高知といえばやっぱり坂本龍馬と言うことで、竜頭岬の坂本龍馬像を見学です。桂浜に向かって高知市の南、太平洋の土佐湾に面した浦戸というところにあるとのことです。まぁ単なる観光スポットですね。

d0001004_1352248.jpg

 その後、大歩危や脇町うだつの町並みなんて観光スポットを駆け足でまわって、いよいよ一番の目的の徳島の「阿波踊り」です。
 徳島市は初めて訪れる町ですが、市の中心に最近有名になった「眉山」があるんですね。もちろん「阿波踊り」ということで、大渋滞状態でした。本年は映画「眉山」の影響で観客数が大幅に増加しているとの添乗員の説明でした。
 いろんな場所で踊られているようですが、わたしが割り当てられたのは「南内町演舞場」という場所でした。両側に階段状に観客席が設けられており、見渡せるようになっていました。さすがに有数のお祭りだけああって観覧する準備も万端ですね。
 次々と嗜好をこらしたいろんなパフォーマンスが繰り広げられていました。踊りの数々を堪能させてもらいました。よさこい祭りと比較するとすこしは土俗的な雰囲気が残っている気もしましたね。

d0001004_136415.jpg
d0001004_1361698.jpg


 午後8時の第1部終了と同時に会場を後にして、宿泊地の神戸に移動しました。もっと見ていたかったのですが、やむを得ませんね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-08-17 07:04 | 街歩き・お出かけ
<< 「川村記念美術館所蔵 巨匠と出... 四国旅行記1 >>