「仙厓・センガイ・SENGAI」展を見る

d0001004_15555085.jpg 一昨日(09月01日)「出光美術館」で展覧会「仙厓・センガイ・SENGAI―禅画にあそぶ―」展を見た。
 出光美術館に通っていると、仙厓さんの作品は自然に親しんでしまいます。更にはカレンダーなんぞも飾っているので、わたしには親しい存在です。
 出光美術館の2か年計画のリニューアル完了したグランドオープンに持ってきたのが、その仙崖さんですね。没後170年の回顧展とのことです。
 出光美術館にある仙厓作品と関連資料の総展示といった感じでした。
 いろんな機会に触れてきた作品がオールキャスト展示してありました。更には滅多に展示されないような仙厓の愛用品などの珍品まで展示してありました。
 仙厓好きには堪能できましたね。
 ただ、わたくし、仙厓さんの作品はこの美術館以外ではほとんど目にしたことがありません。せっかくの没後170年といった節目なんですから、全国規模の名品を集めた展示も企画してほしいですね。
 図録買ったので、読んでから感想続けます。

 グランドオープンということで、陶片室が全面リニューアルされていました。だいぶ昔に一度訪れただけで、二度と近づきませんでした。今度は少しはハードルが低くなったかもしれませんね。
 ルオーとムンク専用の展示室も作ってありました。従来と展示の点数は変わらないようですが、むきだしでなく専用室ができただけでも進歩でしょうか。
 できればサム・フランシスの作品も常設展示してほしいですね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-09-03 06:54 | 鑑賞記-展覧会
<< 「BIOMBO/屏風 日本の美... 「若冲とその時代展」を見る >>