山形旅行記(上山)

d0001004_14411669.jpg 山形から宮城へ一泊二日(9月16日~17日)で出かけてきました。旅行記を少々。ただ今回はカメラを持って行かなかったので、パンフレットをスキャンしたものと携帯電話で撮ったボケボケ写真を載せます。 
 初日(9月16日)は山形県の上山市を訪れました。
 上山といえば斎藤茂吉ですね。というとで、まずは「齋藤茂吉記念館」を訪れました。
 こちらはだいぶ前に訪れた時とは変わっていました。新たに記念館の中に晩年に過ごした自宅の一部が再現されていました。
 通常の展示コーナーは変わりようがないようですね。年代順に原稿や書そして遺品などが展示してありました。茂吉さんは字が下手なんだなぁぐらいしか感想浮かびませんでしたね。
 茂吉の生涯の映像も放映されていましたが、こちらも平板な作りでした。
 建物の外には書斎「童馬山房書屋」が移築してありましたが、こちらも特に感想浮かぶようなものでははありませんでた。
 でも、有名な何種かの茂吉の短歌にふれていると、茂吉の歌集を読み返したい気持ちがわいてきました。やっぱり「赤光」ですかね、それとも「白き山」にしましょうかね。

d0001004_1441531.jpg 次に「上山温泉 全国かかし祭り」の会場を訪れました。
 市役所の横の公園にいろんなかかしが展示してありました。ただ、「かかし」を雑然と展示しても、あんまり呼び物にはならない気もしましたね。
 全国と大きく出ていますが、地元の旅館や学生などが作った「かかし」が展示してあるだけでした。




d0001004_1442361.jpg 市の中心にある「上山城」を登ってみました。ちょうど「ふるさと秋祭り」とのことで御輿などがでていたようで、車両進入禁止になっており、たどり着くのが大変でした。
上山城の天守閣は、近年新たに再建された建物ですから、エレベーターも設置された近代建築です。中は郷土歴史資料館となっていました。まぁこういった建物の例に違わずあんまり見るべきものはありませんでした。




d0001004_14494032.jpg といった具合に、上山市内の観光スポットをめぐって、上山温泉のホテルにチェックインしました。今年は天童温泉に続き山形の温泉に縁がありますね。この温泉も無色透明で硫黄臭さとかのないシンプルな湯でした。
 嬉しいことに、食後になってから、ふるさと秋祭りの「踊り山車」が温泉街を運行してきました。先導の山車と踊り山車の2台だけの陣容でしたし、各旅館の前で一曲ずつ踊るちょっと寂しい構成でした。でも、山車の中で踊っていた芸妓さんは若くてべっぴんさんでしたので、不満も吹き飛んでしまいました(カメラ持ってこなかったので、ピンぼけでしか写せなかったのがつくずく残念でした)。

[PR]
by daisenhougen | 2007-09-18 07:30 | 街歩き・お出かけ
<< 「千總コレクション 京の優雅~... 河野稠果「人口学への招待」を読む >>