「フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展」を見る

d0001004_12512215.jpg 昨日(09月29日)「国立新美術館」で展覧会「フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展」を見た。
 「オランダ美術の宝庫として知られるアムステルダム国立美術館の膨大なコレクションから、ヨハネス・フェルメール、ヤン・ステーンなどオランダ17世紀を代表する画家たちの作品や、外光と大気の表現に鋭い感性を示した19世紀のハーグ派の画家たちの写実的な作品など、油彩画40点、水彩画9点、版画51点を厳選して、17世紀初めから19世紀末までのオランダ風俗画の多様な展開を紹介します。加えて、豪華な工芸品16点の展示により、オランダ上流市民の豊かな暮らしぶりをうかがいます」とのことです。
 小雨にもかかわらず、結構混雑していました。さすがフェルメールの神通力でしょうか。
 まず最初が「「黄金時代」の風俗画」と言うことで、フェルメールの同時代の油彩画や版画がいろいろ展示していました。オランダの「風俗画」といったジャンルの作品をまとめて見るのははじめてでした。結構愉しんで拝見しました。
 次に、ビデオ解説とパネル展示があって、ついにフェルメールの「牛乳を注ぐ女」にご対面です。
 結構並んでいましたが、我慢できないほどではなかったです。係員が立ち止まらないで鑑賞してくださいと言ってましたが、そんなに急かされてる感じはしませんでした。
 それに行列を作って見なければならないのは、最前列だけですので、いったん最前列で見た後に、後ろの列にまわって、じっくり拝見させてもらいました。
 やっぱりフェルメールの作品は小さいんですね。わたしにとってのフェルメールの実際の作品を拝見するのは、「画家のアトリエ(絵画芸術)」と「窓辺で手紙を読む若い女」に続いて3度目の体験ですが、いずれも小さな画面でした。
 でも、この小さい画面でこれだけのオーラを放っているんだから凄いもんですね。パッと見ただけで惹きつけられるのですが、細部を見ていけば更に惹きつけられるといった感じでした。
 その後の展示は「工芸品・楽器」、「版画と素描」と続きましたが、こっちはあんまりピンと来ませんでした。

d0001004_12515914.jpg 再び油彩画に戻って「偉大なる17世紀の継承と模倣」、「19世紀後半のリアリズム風俗画」といった展示で締めくくっていました。
 このあたりでは、デル・ヴァーイ「アムステルダムの孤児院の少女」が良かったですね。全く知らない画家でしたが、描かれた可憐な少女に魅せられました。

 図録買ったので、読んでから感想続けます。

[PR]
by daisenhougen | 2007-09-30 07:00 | 鑑賞記-展覧会
<< 「安齊重男の“私・写・録” 1... 片岡幸雄「すきっ腹ウォーキング... >>