「ヴェネツィア絵画のきらめ」展を見る

d0001004_7575191.jpg 昨日(09月29日)「Bunkamuraザ・ミュージアム」で展覧会「ヴェネツィア絵画のきらめき-栄光のルネサンスから華麗なる18世紀へ」展を見た。
 「ティツィアーノやティントレット、ヴェロネーゼらの巨匠たちを輩出したルネサンスから、カナレット、ティエポロ、ロンギなどが活躍した18世紀までのヴェネツィア絵画の黄金期を、イタリアの個人コレクションや国公立美術館所蔵の作品を中心に、40作家による71点で紹介します。神話や宗教画だ けでなく、幻想的な風景画、祝祭に彩られたヴェネツィアの市民生活を描く風俗画など幅広いテーマの作品により、水の都とその精華ともいうべき絵画芸術の魅力を、ヴェネツィア絵画が隆盛を極めた15世紀から18世紀に焦点を当て、3つのセクションでご紹介します」とのことです。
 先ほどは17世紀から19世紀にかけてのオランダ絵画でしたが、今度は15世紀から18世紀のイタリア絵画です。たった一日でイタリアとオランダをめぐった歴史旅行でした。
 さて、展示はまずは宗教画からスタートです。おなじみのキリストやマリアなどのキリスト教のいつもパターンイメージの作品がいろいろ展示してありました。最近はこの手の作品にもだいぶ馴染んできたせいか、けっこう愉しんで拝見できました。
 でも、なんといってもこの展覧会の目玉はティツィアーノ・ヴェチェリオの「洗礼者聖ヨハネの首をもつサロメ」ですね。この作品を見るための展覧会のようなもんですね。フェルメール展のように特別扱いされずに、他の宗教画の中にひっそりと展示してありましたがね。
 鮮やかな色彩にうっとり見つめてしまいました。鮮烈な赤が印象的でした。たくさんの宗教画に囲まれていても、存在感は抜群でしたね。
 他にもティツィアーノの作品が3点ほど展示してありましたが、いずれも肖像画のせいかあんまりピンと来ませんでした。
 最後のコーナーではヴェネツィアを描いた風景画がたくさん展示してありました。特にガブリエル・ベロットの作品などは10点も展示してありました。これらのヴェネチアの風景を見ていると、ヴェネチアへの憧れの気持ちが高まってきますね。
 最近、イタリア年ということでイタリア各地の展示が盛んですが、その中でもやっぱりヴェネツィアですね。
 憧れのヴェネチア。行きたいなぁ。

[PR]
by daisenhougen | 2007-09-30 07:57 | 鑑賞記-展覧会
<< 2007年09月鑑賞記録 「安齊重男の“私・写・録” 1... >>